熱中症

2019/08/20 ブログ
熱中症

今年もまだまだ暑い日が続き、毎日のように熱中症で救急搬送

 

されているというニュースも耳にします。

 

熱中症は炎天下での活動でもなりますが、室内での熱中症も

 

意外と多く注意が必要です。

 

高齢になると暑さを感じにくくなり、汗の量が減り、体を冷やす機能が

 

衰えてくるため熱中症になりやすいと言われています。

 

エアコンを使わないことが良いことではなく、室温28度、湿度70%を

 

超えたらエアコンをつけましょう。

 

また、夜間の睡眠中に熱中症になってしまうこともあります。

 

寝ている間も汗をかき体内の水分が出てしまいますので

 

就寝前や途中で目が覚めた時にはコップ1杯の水分を

 

摂るように心がけ、エアコンは設定温度を高めにし、

 

直接体に風があたらないように使用しましょう。