水分不足に注意

2020/02/19 ブログ

真冬に多く発症すると言われている脳梗塞。冬についで夏にも発症のピークがあります。汗をかいていなくても体内の水分は常に外へ排出されています。その分、水分を摂らないと血液中の水分が減って、固まりやすくなってしまうので、こまめな水分補給が大事です。汗をかいた時はさらにプラスしましょう。

血液中の水分量をある程度一定に保つためには一気飲みではなくコップ1杯ほどの量を少しずつ摂るようにしましょう。

寝ている間は水分補給ができないので、健康な人でも血液の濃度が上がり、脳梗塞を起こしやすくなります。寝る2時間前くらいに水分を摂るようにしましょう。