リハビリは出来なくても出来るイメージを持って!

2021/10/25 ブログ

麻痺が残っていて日常生活で不便を感じたり、社会復帰を目指してリハビリを行なっている方がほとんどですが、その中でもたいして時間をかけなくても改善してくることと、なかなか難しいこともあります。

なかなか改善出来ないと自主トレもその部分はやらなくなってしまったり、気持ちもダメだと思ってしまうことがありますが、日々の積み重ねが大切なので、出来なくても出来るイメージを持って練習することが大切です。

少しでも諦めてしまうと前に進むことが出来ません。施術者はどんな状態でも諦めずに少しでも前進出来る様に日々リハビリ内容を考えていますので一緒に頑張りましょう!