意外と多い自宅での転倒

2021/11/16 ブログ

転倒して怪我をされて併設している接骨院へ来院されている患者様に転倒場所を伺うと「自宅」ということが多々あります。

慣れている自宅で転倒と思うかもしれませんが、慣れているからこそ注意せずに動いてしまったり、油断してしまうことがあります。

足があがっているつもりだったのに実際はあがっていなくてつまずいてしまったなんて話をよく耳にします。

外出先や慣れていないところでは意識してしっかり足を上げていたり、足元や周りに注意して動いていることが多いようです。

自宅で転倒と言っても軽傷とは限りません。浴室で滑って転倒して頭部を打ってしまうこともありますし、骨折ということもあります。

これから冬に向けて筋肉も硬くなりやすく、厚着をして体を動かしにくい服装ということもあるので自宅だからと油断せずに気をつけて行動しましょう。

自宅での自主リハビリを行なう際も同様です。